ホーム

ブログサイトの運営

デザイン / 記事執筆 / React.js


PV / UU


ペルソナ

  • ターゲット
    • テクノロジーに関心がある20代の若者
  • 性別
    • 男女共に見るが、男性が比率多め
  • 性格
    • めんどくさがり・流行り物が好き・飽き性
  • 趣味
    • ネットサーフィン・Netflixで動画を見る
  • 年収
    • 300万円〜400万円前後
  • ITリテラシー
    • それほど高くない(スマホが使える程度)

読者の課題

  • 先の時代のことを考えて、技術について情報収集したい
  • Webやアプリのことをなんとなく知りたい
  • 未経験からIT業界に転職したいけど、どうしたら転職が成功するか分からない

AIやIoTやロボットなどがどこでも聞くようになったので、先の時代のことを考えてテクノロジーに詳しくなりたい。

一般的な技術ブログは難しすぎて何書いてあるかわからないし、情報が多くて何を見たらいいかわからない。
もっと見やすくて、テクノロジーに詳しくない人でもIT業界の事がわかるようなサイトがあったらいいな。


こだわり

Webでもアプリと同等のUXを実現する

ITリテラシーが高くない若年層を狙いたかったので、読み込みが発生しない高いUXを提供したいと考えていました。
その為、非同期通信でページを切り替える事ができるSPAでブログを作ることに、非常に強く拘りました。

フレームワークには「GatsbyJS」を採用。
Reactを使いMarkdownを書くだけでブログを作ることができる点に惹かれて、採用しました。

必要がない機能は省きシンプルなサイト構成にする

必要がない機能とは、以下のようなものです。

  • コメント
    • DBが必要だし荒れるだけなので必要ない
  • ハンバーガーメニュー
    • ジャム理論に基づき選択肢は絞り込むので必要ない
  • サイドバー
    • 8割弱がスマホユーザーなのでいらない

スマホに最適化させた画面設計にしました。

Material Designを踏襲し見やすいデザインにする

私自身がデザイナーであるのと、若年層をターゲットにしたかったので、見やすいデザインに拘りブログを作成しました。
Material Designを踏襲し、シンプルで見やすいデザインに仕立て上げました。


今後の展開

ブログで集客を行い、別サイトへ誘導し収益化を行う。
収益化サイトは今後も増やしていく予定。

上記の形態を採用することにより、新規事業を行う際広告費や他媒体に掲載する費用をかけずに、ほぼ無料で集客を行うことができるようになる。